電気ショックは鳩対策に効果的です

鳩は早めに対策しないと取り返しの付かないことになります

鳩対策が必要な背景と問題点

鳩

鳩は私たちの身近に生息する鳥で、一見何も害がないように思えますが、実は様々な被害をもたらすことがわかっています。鳩対策をしないとどのような問題が発生するのでしょうか。

鳩巣を作ることで発生する問題とは?

鳩が自宅に棲みついたらどんな問題が起こりますか?
鳩がもたらす最も大きな被害は、「糞害」です。鳩も生き物ですから、人間のように糞をするのが当たり前です。しかし、鳩は人間からもらった餌や道端に落ちている食べカスなどいろいろな物を食べて生きているので、その糞には無数の雑菌が含まれているのです。鳩の糞が媒介となって、クリブトコックス症やサルモネラ菌、ニューカッスル病、トキソプラズマ症などの病気にかかる危険性が高まります。また、悪臭を放つことや建物の景観を損ねることも鳩対策が必要な要素といえます。

鳩の学習能力を利用した電気ショックで鳩よけしよう

最も効果的な鳩対策

鳩対策の方法には様々なものがありますが、近年注目されているのが電気ショックシステムです。電気ショックシステムとは、鳩が止まりやすい屋根などに電極を設置しておき、そこに触れた鳩に電気ショックが与えられるという仕組みのものです。電気ショックシステムを利用することで、集団の鳩が来た場合や巣を作ってしまった場合でも確実な効果を得ることができます。今までの鳩対策グッズでは効果がなかった場所でも、電気ショックシステムを設置したことで鳩が来なくなったという声も上がっているほどです。すでに被害を受けている場所のみならず、新築住宅の鳩対策としても電気ショックシステムは採用されるようになっています。電気ショックシステムに関する疑問点があれば、業者にしっかりと聞きましょう。

利用者の声

鳩に危険なエリアだと学習させることができる鳩対策(40代/男性)

鳩には、一度危険を感じた場所には近づかなくなるという学習能力が備わっています。電気ショックは、その学習能力を利用した鳩対策グッズでもあるのです。鳩にとって電気ショックを受けるということは、未知の体験であり、その衝撃は鳩に強い警戒心を抱かせます。その結果、鳩は「この場所は危険だ」ということを学びます。そして、鳩は電気ショックを警戒するようになり、近寄らなくなります。つまり、電気ショックは鳩の学習能力を逆手に取った対策といえます。なお、鳥は記憶力がないといわれていますが、それは誤解であり、記憶力は人間と大差ないという研究結果がでています。

このように、電気ショックというのは鳩対策に強い効果を発揮します。なお、この時に用いられる電気ショックは微弱なので感電死するというケースはほとんど発生しません。

一般的な鳩対策との違いを比較

一般的な鳩対策とは

鳩よけネット
1番ポピュラーなのが、ネットを使用した鳩よけです。これは、物理的に鳩の侵入を防げるのでネットをしっかり張ることで強い効果を発揮します。
有刺物の設置
手すりや室外機といった場所に剣山などの尖ったものを配置することになります。そうすることで鳩が止まりにくくなります。
目玉風船
昔からある手段です。大きな目玉で驚かし、鳥を追い払うという手段です。手軽に購入することができ、仕掛けを作りやすいのが特徴です。
電気ショック
電気ショックを流し、鳩を驚かせるという手段です。専用のワイヤーを張り、そこに電流を流すことになります。効果は上記したとおりであり、鳩に強い警戒心を与えます。

このように、鳩対策のグッズや手段は多く、上手く使うことで鳩の侵入を防ぎやすくなります。自宅に適した方法を探し、利用しましょう。なお、他にも忌避剤を散布したり、蛇のおもちゃを設置したりするというユニークな手段もあります。

TOPボタン