鳩対策で電気ショックを使う上での疑問点

鳩は早めに対策しないと取り返しの付かないことになります

電気ショックで鳩対策をしたい方の疑問を解決

男性

鳩対策で悩んでおり、電気ショックに興味があるけどいろいろ疑問が多いという人は少なくありません。ここでは、そんな疑問にお答えしていきます。

電気ショックの安全性について

鳩対策で使用されている電気ショックのパワーはどのくらいですか?
例えるなら、静電気程度です。触れたらパチっと感じる程度であり、触れたら思わず眉をしかめる程度の電力です。そのため、鳩や人が触れても感電死するというケースは殆どないといって良いでしょう。鳩を驚かして威嚇する程度の場合、これで十分高い効果を発揮してくれます。
人間が電気ショックに触れても大丈夫ですか?
大丈夫です。上記したように軽い静電気程度なので、うっかり触って感電死するといったケースはほぼ無いといって良いでしょう。もちろん、だからといって何度も触って遊ぶのはあまり健康によいとはいえませんし、何度も触ることでワイヤーに不備が生じることもあります。よって、安全とはいえ接触には注意しましょう。

電気ショックに使用する電気代は?

鳩対策を行なう上で気になるのが、電気ショックを流す時にかかる電気代です。これは、ソーラーパネル式を活用することで実質無料にすることができます。ソーラーパネル式ならば電気ショックの分の電力を賄うには十分であり、太陽光パネルの施工を行なうだけで半永久的に電気ショックを使用し続けることができます。なお、雨の日でも明るければ太陽光を吸収しているので電力は賄えますが、雪がパネルに積もると吸収効率が著しく悪化するので注意しましょう。

電気ショックについてわからないことは鳩対策の専門家に相談

電気ショックのことならお任せください(40代/鳩対策の専門家)

電気ショックは、確かに鳩対策には有効です。しかし、設置の際には電圧や電力の調整、そして設置するポイントの把握が重要となります。そのため、効果を最大限発揮するためには専門の業者に相談しましょう。電気ショック以外にも有効な鳩対策が見つかるかもしれませんし、ただ単に設置するよりも遥かに安心かつ安全です。

TOPボタン