的確な鳩対策が重要です~電気ショックを有効に活用するために~

鳩は早めに対策しないと取り返しの付かないことになります

中途半端な鳩対策は効果なし【鳩対策では習性を理解する】

男性作業員

鳩対策は、半端な知識と対策では焼け石に水となるばかりか、かえって鳩が学習してしまうので状況が悪化するケースもあります。ここでは、鳩の習性について深く学んでいきましょう。

鳩の習性

帰巣本能
鳩の習性で最も恐ろしいのが、帰巣本能です。鳩の帰巣本能は、他の動物と比べても桁違いに強く、たとえ1,000km離れた所に追放されたとしても戻ってくるといわれています。昔は、この本能を利用して伝書鳩として利用されていたのです。なお、なぜそんなに離れていても場所がわかるのかというのは、実はまだ明らかになっていません。
執着心
帰巣本能と同じ程恐ろしいのが、鳩の巣に帰るという執念です。鳩は一度巣を作ったり、気に入った場所に住み着いたりすると、どんなに追い出そうとしても絶対にその場所に戻り、住み着こうとします。最初のうちは電気ショックなどで追い払えば逃げていきますが、少し油断すれば何が何でも戻ろうと、文字通りしがみつくようにして居座ります。これも高い帰巣本能からくる習性です。こうなってしまうと鳩対策は非常に難しいことになるので、こうなる前に対処しましょう。

電気ショックによる鳩対策

鳩対策に電気ショックを使う場合、屋根が特殊な形をしていると施工ができないのではないかと思う人もいますが、その点に関しては問題ありません。現在の施工技術では、どんな特殊な形をしていても施工が可能であり、屋根に対応したワイヤー設置が可能です。もちろん、家の景観を損ねることはなく、目立たない状態で設置できるので糞害などに悩まされていても解決へと導くことができるでしょう。

まずは事前無料診断をしてみよう

鳩対策は、まずどの程度の被害なのかを把握することから始まります。被害の規模によって対策方法が変わるため、軽度の被害で電気ショックを使用するのは少し過剰になってしまうケースもあります。まず、業者の無料診断を行ない、被害の規模を確かめて相談してから適切な対策をとりましょう。

TOPボタン